ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

怖い

どういうわけかスマホからだけど、何日か思う事を書き続けてみています

またいつか急に止まるかもー

 

 

息子がとても怖がりだ

 

まだ4歳だから当然と言えば当然

そんな姿を見ていると自分も凄く怖がりだった事を思い出した

 

小学校何年かは覚えてないけど、かなりの怖がりだった

 

夜中トイレに行くのが本当に怖かったのを覚えている

明かりのない暗闇が本当に怖かった

幽霊の話なんて聞いて本当にビビっていた

 

 

そっか、言うなれば、その当時から幽霊なんて目に見えない存在を信じていたとも言える

 

幽霊って有名でみんなが一番身近な目に見えない存在かもしれない。もちろんそれはメディアの影響が当然大きいとも思う

 

僕なんて

あなたの知らない世界って番組

にかなり影響受けてたからね

怖い癖に見てたと言う(笑)

 

そしていつから幽霊なんて怖くないなんて思わなくなったなんてわからない。徐々にだろうね。かと言って幽霊の存在を信じなくなったってわけじゃない。幽霊見た人の話を聞いたとき、この人嘘言ってないなと思った事もあったしね。

 

よく考えれば、子供の時はあれは危ないとか、こんな怖いものがあるとか、恐れといものを利用されて、行動を制約されるやり方がよく使われていものだなと思う。

そして、親とかが一緒にいてくれれば安心安全と思わせてもいるのかもしれない。

そして、一人で行動していくうちに、初めは色々怖かったりするけど、あれ?意外に平気じゃん!って経験的に身に着けて行っているんだと思う

 

まあ、こんなコト書いてるけど基本はビビリなのは事実だね。

息子の姿を見て、今の怖がりの姿も本当ヒツヨ時期なんだなぁ

 

ってそんな事をふと思いました。

世間一般ではビビリはかっこ悪いとか良くないとか思われるけど、ビビリも素晴らしいのさ、イヤ、ビビリだからこそ花開くって結構ある話だわ