ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

ひ弱

先日テレビのニュースを見ていたら

 

残業の話をしていて

残業を苦に自殺した例の電通の話とかがあって
それを年配の人が

 

最近の若いんはひ弱すぎる
昔は残業なんて当たり前、給料の倍ぐらい残業代貰ったりもした

 

なんて言ってらっしゃいました。

なるほどね。
戦後を生き抜かれた年配の方にとっては残業なんて何てこと無いんだよね

 

そういう時代を生きた人は僕は図太く見える
逆に今の若い人たちは繊細に見える

 

どっちが良いってわけじゃなくて、どちらにも良いところと悪い所がある

それだけの話し

 

 

確かに厳しい環境で育ったものっては強くなる
自然界のものを見ても、そう。この時期なんてキャベツ。
寒くて霜が降ったら凄い甘みが増す。
厳しい環境でこそ生まれるキャベツの生命力の一つだ

 

 

じゃあなんでも厳しい環境になれば良いのか?

ってそうじゃないんだろうな。

若者がひ弱と表現されていたが、僕からみたら繊細なだね。

図太さと繊細さって反対だよね

僕が見た中では、スピやってる人とかエネルギー的な事をメインにしてる人ってのは

 

肉体が弱い

 

 

逆に言うと、

 

肉体が弱いからこそ敏感なのかもしれない

 

でもね。敏感さが見に付いてるのだから、そこから肉体を強くすれば両方が備わるのではないのかな?とは思う。
図太い人は繊細さが無い。
逆に図太い人が繊細さを身につけるのもやっぱり大変だと思うわ。
僕はこっちの方が難しい気がする。

図太いってことだけで、この世は生きやすいわけだからね。
そもそも繊細さを身につけようという発想自体なりにくいのでは?と思ったりする。

 

 

これからの新しい時代には繊細をもった人が必要なのかもしれないけど、
やっぱり僕は肉体の大事さを説いていきたいね。
繊細な人向けの肉体改造なんてやるのも面白いかもしんないな。
いかにも体育会系の人じゃなしに、いかにも弱々しい人にこそ、そちらに意識向けて欲しいかも

そんな事を思う、12月30日でございます。

明日大晦日!!今年も後1年だな