ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

保育所と家族の関係と

母の知り合いに保育所の先生がいるのだけど、
その話を聞いてなる程と思った話です。

 

 

僕もねよくは覚えてないけど

 

保育所行きたくなくて本当泣いてたらしい

 

なれるまで本当大変だったんだった。
こういう自分が恥ずかしいって思ってたんだよね。
特に僕はひどい方で、もう1人ひどい子がいて、二人だけ特別室に連れられて本当一日通して特別監視させられたぐらいひどかったらしいわ(笑)

 

 

で、親からしても、
保育所行きたがらなくて中々馴染めなくて

ってちょっと心配だったり、心が痛んだりするって話もよく聞く。

 

これは一般的な視点なのだけど、

保母さん視点からしたら全く違うらしく

 

保育所行きたがらない、泣いて大変

 

というのは、家・家族と子供の関係が上手くいっている証拠

 

って見るらしい。

この話し聞いた時

 

あーなるほど!
そういう見方全くしてなかったわ

 

って思いました。
家が居心地が良い、家族ていて楽しい

って思ってる子が初めて1人でほっぽり出されるわけ。
当然嫌がるでしょ?

逆に、全く泣かなくて、楽しんでるって子は家庭環境が上手くいってない子が多いってさ

全部が全部じゃないだろうけどね。
生まれ持った性格もあるだろうからね。
でも保育士さんが何十年と幼児を見てきた経験則みたいなものだから、
大まかにはそういう傾向があるのも事実だとも思う。

 

 

まあ、こういう話し聞くと


保育所子供が行きたがらなくてーって悩んでる親も一気に考えが変わるでしょうね


 

そう考えると、僕も大泣きして行きたがらなかったけど

 

家って所が好きだったんだろうし、家族とも関係が上手く言っていたとも言える。

 

まあ、そう思うと、随分恵まれた環境で育ってんだよね。僕は。

この話で泣いていきたがなかった僕が情けない恥ずかしいって思ってたけど、
家族に愛されてただけって完全に見方が変わりましたとさ