ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

合宿とかなんちゃら色々

じんじゃ関係の研修終わって、疲れて帰ってたけど、でも有り難い事に仕事も忙しく、今日はやっと落ち着いている感じです^^;

 

日曜日だから忙しい方が良いのだけど、客商売だからやっぱり波ってどうしてもあるから仕方ないわ。

 

 

研修は、まあ意味が無い(笑)
講師の一人が休憩時間に話しかけてくれたんだけど

 

こんな研修意味ないだろ?

って言われて、

素直にハイって答た私でございます。

 

本当ももっと実務に役立つこと教えたいんだよな

 

って、僕もそっちが聞きたいわ!
って激しく思った。ってかこれみんなの意見だよ。

みんなが学びたい事と、組織が教えないといけないと思ってることが全く合致してないんだよね。

まあ、基本役に立つことはほとんど学んだ気がしなかった研修だったわ。
特に専業でやっていない僕にとっては意味が無さ過ぎた。

それに夜は夜でおっさんたちのいびきがうるさすぎてほとんど寝れなかった。
本当苦痛だったわ。

寝不足だからってあんま調子良くなかったけど、なんかコーヒーが飲みたくてコーヒー多めに飲んだら、久々に乗り物酔い。
寝不足+空腹時にコーヒー飲んだら、僕の身体に合わなすぎたらしい。

 

 

そんな話は良いのだけど、
僕が興味を持って話を聞いたいくつかの話ってのがあったんだよ。

 

それはどんな内容とかじゃ無しに、講師の先生の私見。

この人こんな事考えてるんだ?
こんなものの見方があるんだなー

賛同するか?しないか?ってのは別にしてそこは興味を持って聞かせてもらいました。
特にこういう日本伝統のものの話になると

時代に応じて変えて行くべきなのか?
守らないといけないものとして、守り続けていくべきなのか?

 

この判断って難しいところってあるんだよね。

昔、なんかの書籍で見たんだけど、

昭和天皇の話があって、
天皇っていつも祭祀をして国民の平和を祈願してるんだけど、

 

祝詞みたいな昔の言葉じゃなしに今の現代語でお願い申し上げたらいけないのか?

 

って側近の人に聞いたって話し。
面白いでしょ?
見方によっては、

神様だから、現代語が通じないわけなのに、いつまで昔の言葉使ってるの?

って見方も出来る。
でも歴史は知らないけど、何百年と受け継がれてきたものには意味がある、その教えは上手く伝わってないかもしれないが、そこには大事な何かがある

って見方も出来る。
基本伝統のものってそう簡単に変わらないからね。

そこに残っている本当の意味がわかれば、変える必要があるのか?ないのか?ってわかるんだろうけどね。まあ、難しい話だ。

 

 

最近思った以上に自分が元気すぎてちょっと驚いてる今日このごろです。