ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

高校卒業した時の思い出

僕は大学行きたくて行ったわけじゃない人
昔から大学行ったって意味が無いって思ってたからね。

 

親の願いを叶える為に大学受験したって思いだった

 

 

それなりの進学校でそれなりに勉強してそれなりの大学受かることが出来た

 

母親の思いが強かった

 

あなたが良い大学に受かれば、みんなを見返すことが出来るから頑張って

 

そういう事を何度も言われたよ。
だから頑張った。

頑張れば家族が褒めてくれた喜んでくれた。
それが嬉しかった。

 

 

まあいろいろな思いがあったわけだけど、受かってしまえば、僕は勝手に偉くなってしまった。

 

 

そもそも大学行かせて貰うって気持ちが無いからね。
見る人が見たら、なんて贅沢な・・・って思う人もいるだろうけどね。
まあ、実際僕はそれだけ汚い人間でもあるって自分でも認めてます。

 

 

でも、結構ワガママ放題言ったりその時は本当にしたと思うよ。
親もよく頑張ったからって黙認してたり、ワガママ聞いたりしてたんだろうけど、
度が過ぎたんだろうね。
しばらくしたら、あっさり態度を変えられたね。

そうやられた時、自分でも本当に焦った。
やばいってね。

 

こうやって頭にのってる時に、釘を指してくれる人って本当に大事だなって思う。
頭にのりすぎたら、自分で制御出来なくなるもの。
どんどんエスカレートして行く人の方が多いんじゃないかな?

 

親もそこを見極めてたかどうかは知らないけど、そうやって態度を変えてくれたことには本当に感謝してるよ。

 

なんだろうな?
今は大学に行って良かったと思ってるし、行かせて貰ったことに感謝もしてる。
でも、なぜか、まだ自分の中で行かない方が良かったんじゃないか?
って思いが残っているんだよな。

 

 

自分の意志で行ってないから

 

 

例え親の望みでも、それに答えたというのは自分の意志にならないのか?
別に兄のように一切親の期待に答えない生き方も見本としていたのに、そうしなかった。
それがすでに自分の意志で決めているじゃないか?

 

じゃあ大学に行ってなかったらどんな人生送ってると思うか?

自分の意志で大学行ったのではないと言っている。
じゃあ、僕は本当にしたかった事はなんだ?
大学行けと言われて行っただけなのか?
大学行きたくないと言って、本当に就職してた?


うーーーむ、うーーーん^^;
本当は大学行きたかったのが本心じゃないのか?
もし経済的にも厳しくて大学行かなかったとする、それも親のせいにするのではないか?
・・・・・・

 

 

たぶん、親がうるさく言わなくても、僕は大学に行きたいって言ってたと思う。
大学に行って何がしたいって明確な理由が無かっただけで、仕方なく大学行ったと言っているだけ。

でも自分が行きたく行ったじゃなしに仕方なくいったってのが大切なポイントになるのかもしれないな