ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

原爆の日

8月6日

 

広島で生まれ育った僕には特別な日。
夏休みだけど、この日っていうのは全校登校日だった。
今年から?それも無くなったらしい。

学校行って、平和学習って事で、映画をみたり、被爆者の話を聞いたり、
そうやって育ってきた。

 

今でも特別な理由がない限り、この日の
AM8:15

には黙祷を捧げる

ってことは習慣になっている。

 

普段は平和過ぎてすっかり忘れてしまうが、年に1回、原爆の悲劇とか思い起こす日があるのも良いものだと思う。

原爆の悲劇って焦点を当てて取り上げられるけど、戦争の悲劇も同様だよね。
当時から考えたら、科学というか武器の技術も当然あがってるから爆弾ひとつでどれだけが消失するか?って考えたら恐ろしいとすら思う。

 

そう考えたら、戦争すら起きにくい状況ではあるとも思う。

今でこそ平和ボケとかって表現される事もあるけど、
実際、平和だし危機に瀕してなかったら人間ってそんなものだと思う。


若い人に聞いても、戦争?起きるわけないっしょ

って意見する人も多いのではないだろうか?
実際大きな戦争が起きたら、今度こそとんでもないことになるだろうしね。

そもそも戦争は悲劇を生むから戦争してはいけない!!

って事なのか?
確かにその意見も当然なのだけどね。

じゃあ、そもそもなんで戦争が起きるのか?
そっちに意識がむかないと根本的解決にはならないよね。

 

世界史とかも勉強しても、こんな戦争があったとかって勉強はするけど、そもそもなぜ戦争が起きたか?って所はあまりって言うかほとんど教えてない気がするな。
まあ、戦争なんて勝てば官軍なんで、勝った国が、言ったモン勝ちで言いたい事言っておけばそれが歴史に残ったり、悪いものは隠滅したりしてるんだろうけどもね。

 

もっと色んな人達が理解仕合い、協力し合う事が出来れば基本戦争なんて起こらないんだろうけど、僕達が社会生活行う上でも、それが実際出来てる人なんて皆無でしょ?
本当理解し合えない。理解し合うって事がいかなに難しいか?って話し。

でも、一人一人がもっと理解し合おうって動いていけば変わっていくだんろうね。
本当に時代が変わる時、世界が変わる時なのかどうなのか?ってのはよくわからないけど、

 

やっぱり世界が平和であるのが一番良いよ