ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

正座

僕自身は

正座

って美しい座り方だと感じる。 正座をすると背筋も伸びるし姿カタチが綺麗に整う 日本人にふさわしい座り方だと思う。

さて、真偽は知りませんが、 正座の歴史は浅く江戸時代かららしいです。 また当時は正座は拷問の坐り方であったとも言えます。 正座をしてその膝の上に石を載せる拷問 韓国ドラマなんかでも見たことあります

正座=拷問の姿勢

であったなんて説もあります。 それに江戸時代に正座を強いたのは、武士等に、いつでも臨戦態勢の姿勢を崩すためだったとも言われます。

そんな色んな説があります。 でも、なぜか今の時代は、正座とは

正しく座る

と書いて、良い坐り方だなんて言われます。

例え拷問の姿勢だったにしろ、やっぱり正座は美しいってのが僕の意見です。 僕もまだ脚がしびれるし長時間の正座はやっぱり無理ですけど、少しでも普通にできればと思っています。

何の為にそんな事やるか?って?

美しいからです(笑)

とうより、どうにかして楽に正座が出来る方法を見出だせば、みんなもっと正座するんじゃないかな?って思ってましてね。 なかなか見出だせませんが・・・・。 それに神主の作法は基本正座なんでそれにも通じるためでもあります。

で、これは勝手な妄想。 正座が拷問の姿勢であった。 その通りだとして、それを強いられた武士は、普段やらない姿勢だから、非常に辛い思いをしてたはずです。 しかし、その拷問の姿勢を強いられ続けて何百年。 江戸時代が終わる頃には、その拷問の姿勢がカタチを変えたのではないか?って思うわけです。 拷問の姿勢で、上のものが油断して安心していたところを、そこをブスっとやることも出来るわけですよ。 拷問の姿勢が相手を油断させる攻撃の姿勢にも変化できたんじゃないか? なんて思うわけ。

で、実際現代でもいくら長時間正座やっても平気な人もいるわけよ。 これはね。単なる慣れとは思えないわけです。 だって物理的に、膝からしたに身体の体重がかかって圧迫されるわけだから、痺れたり痛かったりするのが普通なんだよね。 これを何ともなくしてる人がいるって話だ。 なんかあるはず なんか無いとおかしいはず。

それを身体をもって解明出来たら面白いなぁって思ってる。

3月に姿勢を学んでさ、姿勢って本当に素晴らしいってわかってきた今日このごろ。 正座も本当身に付けたいわ