ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

飲み会が嫌いでした

昨日、新富士まで行って帰ってきた。 我ながらよく動くわなぁ 自由に動けるのが自営業の醍醐味ではあるけどね。

バイトもするから、本当大人しくなる予感もするのだが。

で、帰りは新幹線で帰ったのだけども

名古屋からのぞみに乗り換えた時に

隣に座る2人が

酒臭い

つまみ臭い

僕が座った時は各々ビール3缶ぐらい空けてたね。 まあ、いい気分で2人で盛り上がって新幹線の中で話してました。

別に会話聞いてなかったし、気にもならなかったのだけど、 気になったのが

ビールの臭いと 隣に人が動く度に僕の腕になぜかぶつかる(笑) まあ、基本ビール嫌いだから臭い気になるんだよね。タバコと同じ扱いです。 同じ車両を眺めても、僕の所だけ異様。

この現実を自分が引き起こしてたとして考えると

僕は基本飲みが嫌いです。酒のんで愚痴を言い合って何が楽しいのかわかりません。 今時の若者の考えと一緒ですね。

飲み会と言うのが、酒で酔うことによって自分の隠れた姿を出して、みんなが打ち解けて行くっていう一面があるのもわかる。でも 酒を飲んで愚痴を言い合う事も大事な事だとも思う。じゃないとやっていけない人達もいるから。

そもそもタバコは副流煙が問題だからって車内禁煙だったりするけど、酒はなぜ自由なのか? ビールな臭いが駄目って人が圧倒的に少ないからだろうね。 タバコも酒も昔からある嗜好品の一つ。

そもそもなんで僕はそれに興味がないのか? [char no=“1” char=“ともび”]酒もタバコも必要性を感じない[/char]

ごもっともですね。 両方身体に害となることがわかっているのに敢えてやる必要がない 特にタバコは無意味。

でも吸ってる人を見ても何も思わないし別に問題ない。 でもお酒はちょっと抵抗あるんだよね。

学生でも社会人でも必ず歓送迎会で飲み会ってついて回るからね。 今でこそ、車ですからってお酒断れる世の中になってきたけど。 飲み会って基本苦痛でしかない。

苦痛でしかないから、みんなの期待に答えて無理してお酒飲んで、無理して酔ったフリしてみんなが喜んでくれたらそれでいい

そんな事をやっていた。 すっかり忘れてた。 酔うには酔ってるけど、結構それなりに頭は普通だけど、勢いで無理していた。 必死でみんなが盛り上がってくれたらそれで嬉しかった。 こんな事で笑ってくれるなら、もっとやるよー って

本当は楽しくなかった。 やりたくもなかった。 そんな事出来るのも自分ではあったけど、辛かった。 翌日はあまり覚えてないフリをしていた。しっかり覚えていた。 そもそもそんな事誰も求めていなかった。 1人で頑張っていただけだった。 そんな事しなくても打ち解ける仲間がいなかった。 一生懸命みんなに打ち解けようと必死だった。 結局どうやっても打ち解けれなかった。 心を開こうにもそれで精一杯だったんだよ。 だからこそ、いまここにいるんだけども。 酒なんか入らなくても思いっきり楽しめる。 酒が入ってもそれはそれで面白いと今なら思える。

くそ!酒の席の思い出にこんな辛いものが残ってたなんて、すっかり忘れてたわ。 どんだけ飲み会嫌いだったか思い出してしまった。 でも、それも良い経験だったし、普段接しれない部署の人と仲良くなる切っ掛けになったのも事実。 無理しないで普通に参加して普通にいるだけで良かったのに、自分で自分を苦しめてただけだったわ。 全くどんだけ無理して一般人になろうとしていたのかねぇ

そんな自分も大好きです