ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

1日1食

matome.naver.jp

流行ってるというか、話題になるんだね。 やってる人は昔からやってただけって話しっぽいけどね。

僕も最近出会う人中では1日1食の人多いです。 なんかこれからは主流になるのではないか?って思うぐらいの勢いです。

僕は冬は寒いので昼も食べます。 昔冬場に断食やりましたけど、空腹の辛さより、寒さの辛さが半端無いのです。 それくらい身体が冷えます。 というより、それ普通だと思ってましたけど、身体が正常なら食べなくても寒さも感じないのかも?ってのが最近の思いです。

1日1食のメリット ・食事に時間を使わない。1食でも作る手間と片付ける手間考えたら、大変。 とっても時間が有効になります。

その分1食で食べる量は増えるけど、やっぱり食費もかなり落ちます。経済的。

何しろ体調が良い。

食べて消化するって消化にエネルギーかなり使います。これ断食とかしたら凄いわかります。 消化するものがない時ほどアクティブに動けたりします。 なので、夜1食が自分の中ではベストです。

日本の古来見てきても、1食や2食ぐらいが基本だったらしいです。 というより、お腹が空いたら食べるという感じで生きてきたのが本来の姿ではないでしょうか?

昼だから夜だからって食べないといけないって洗脳されてるとも言えますよね。

でも、人と食べる会食ってのも楽しい社会活動。 僕なんかギチギチの人間だったから、1日1食とか菜食やってるのに、食事に誘われたりしたら嫌な顔してた時期もありましたよ(笑) 今ではそんな事ありません。でも牛肉豚肉は基本嫌いなので、その辺りの食事は断ります。 美味しくないものをムリして食べたくないしね。

 

3食で楽しく生きてる人はそれで良いと思うし、どれを選んでも自由です。 自分の身体にあったものを探して楽しむのが一番かと・・・・