ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

友達が少ない

この前友人に、友達が少ないってわざわざ言わなくてよくない?

みたいな事を言われた。事実友達は少ない。 それにコンプレックスはあるのか?あるよね 友達が少ないけど良いとは思っている。

今は大切な友達沢山いる。 引っ掛かるとしたら、学生時代。

小学校から高校までは特にだね 友達が多い人が羨ましかった 僕は内気で自分からは話しかけれないから、友達は少なかった。 でも、1人はイヤだったから、必ず1人くらいはクラスでつるんでくれる友達がいた 本当に1人だったらやりきれないよ やっぱり人気のある友達の多い人っていうのは運動神経抜群で明るくて、みたいな感じ 僕は逆だった。運動神経悪かったコンプレックスはかなり強いな(笑)

みんなでまとまって何かするとか苦手だった。団体行動超苦手。合わせてなんとかするけど疲労感半端ない。でも、和を大事にしようとする心も強いから、無理してた。 だから、大きなグループに属さないはみ出しものの小さな所にいつもいた。 それが寂しかったの??

一時、運動神経が良い陽気な人達と一緒に仲良くなることがあった。 そもそも合わなすぎて苦痛だった。結局そちらのグループに入れないというか、入ったらしんどすぎた。 結局、色々憧れはしていたけど、常に居心地の良い所にいたということに、今気がついた。

逆に活発で友達が多い人って立場に自分がたったと想像してみる。

苦痛だ

どんだけみんなに気を使わないといけないんだ。しんどすぎる。 当時を生き抜く為にはそれでよかったんだと思う。

友達が少なかったからこそ

  • 大勢の中にいても孤独を感じれました。1人でいることだけが孤独じゃないです
  • 数少ない友人を大切にしようと思いました。今思えば数では無かった。
  • 1人で遊ぶことを覚えました。1人で遊ぶ楽しさを知りました
  • 友達が少なくて苦しんでいる人の気持がわかります
  • 集団に染まると悪いことを悪いと言えなくなる性質の為危ないことをしなくて済みました
  • 変わってたからやっぱりみんなに合わすの無理だったと納得出来ました。友達が出来ないのが正解でした。
  • 孤独を十分に知りました。だから逆にもっと多くの人に関わっていこうと決めました。

今は、今までと同じだと駄目だから逆の事をしてみないとね。 もっと人に話しかけるとか、自分の話をするとか、そういうことをやっていかないといけないのだね。

 

基本1人が好きだし、でもずっと1人もイヤだし、僕の都合の良いときに相手してくれる人募集中ってワガママを書いてみる。