ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

身内の過去生をみてみる

自分と一番縁が深かった過去生をテーマ

父親

宮廷に一緒に仕えてた者同士。仲間。

恐らく今の神主の神事っぽいこともやっていた。

おお!家のイメージと全く違う父親だ。外ではこんな楽しい人だったのか?

宮廷でも働いてもあの堅苦しい空気がいやで外では一緒に良い意味で弾けてた。

当時の宮廷に色々不満もあったけど、我慢して仕えてたね。二人共意見はあってて、今のままでは駄目だと考えていた。

結局行動には移さなかった。考えるだけで行動出来なかったって今にも繋がるな。

色々考えて構想を練るんだけど、行動までには移さない。

上のものに楯突くなんて、なかなか難しかった。でも、楯突くというより、恐れず言いたい事言ったほうがよかった。

結局我慢しながら、その生を終えた。

 

ちっ!親子ならついついやってしまいそうな事過去生でもやってるわ。

先を見据えて考えてはいるけど、実行力がないんだよね。

僕は今生では動いてるけど。逆に先をあまり見据えてなかったりする?(笑)

いやちゃんと考えてますよ。でも、もっと明確にした方がいいな。

 

影でこそこそ不満言って、上の人や本人にぶつけないって未だにやってる。

これは変えないとね。本人にぶつけます。

これは努力しないと変えれないね。実際ちょっと怖いし。でも、やるよ。

 

そんなわけでもっと過去生も使って行きたいと思います。って度々思うんだけど、うまく使えてないよね。

なので、ここに書くようにすれば観ざるを得ないかな。