ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

親から認めてられていないと思っていた

僕は今まで全く親に認めてられていないと感じていました。

 

実際、母親にも

 

失敗作だった

子育てを失敗した

 

って言われます。

今思うに、僕自身が

 

自分に価値を置いていない。

低く見すぎている・・・

 

そんな思いが母親の思いを作っているのかもしれない。

 

そして、恐らくどうやっても認めて貰えないと思ってたから、認めて貰わなくて良いと感じていた。

 

 

親の希望通りに大学行って、公務員になって。

ここまでは凄い喜んでくれたのはわかっていた。

でも、仕事辞めて、大きい会社にも入ったけど、やっぱりそこも辞めて、

その辺りから段々と違って風に思えてきたんではないだろうか?

って勝手な想像。

 

親からしたら、安定した仕事について結婚してってのが理想。それが子供が幸せに暮らすための必要条件だった。

でも、僕はそれを全部崩した。

幸せって何?って母親と激論したこともある。

ちょいちょいとスピリチュアルな見た方を埋め込んでいった。

だから、離婚した時も、

 

たった一度の人生だし、我慢し続ける必要もない

 

って歓迎してくれた。

昔からは考えられないくらい随分変わった。

僕が変化したからって事もあるだろうけどね。

 

今でも、他人には、

こんな整体とかの仕事をやめて普通に働いてほしいって

愚痴ってるらしい。

 

と、書きながら自分の中の軸がしっかりしてないことが原因だと気付いた。

それがブレてるからそう言わせてる。

 

 

そんなこんなで、僕は親から認められる事はないだろうと感じていた。

でも、昨日、

認められてることに気付いたら?

って言われて

 

あれ・・・・・・??

まさか???

 

全くその可能性を考えることもなかった。

 

そもそも認めるって何?

親の満足の行くような行動をすること???

親の望み通りすること???

僕の中ではそれが認められる為に必要だと思っていた。

 

例えどうしようもない息子でも、自分の息子として愛してくれているし、1人の人間として、認めてくれている。

僕の性格も良いところしっかり認めてくれている。

 

全部認めて貰えないと、認めて貰えてないと思ってた。

部分部分では認めてくれてたーーー。

 

石橋を叩きながら着実に地道に生きてきた親に対して僕はどちらかというとイレギュラー(笑)
その姿を見て、気付くことも沢山あったんだな。

 

今まで申し訳ないとばかり思ってたけど、とても必要な事をしてたんだ。

なんだ、何も問題なかったんだ。

 

そっか、色々引き止めて親の姿は自分自身だった。

思いっきって飛び込めない自分の姿だった。

 

 

本当に家族って凄いな

 

f:id:tomobi:20170109153133j:plain