ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

時間に厳しい

社会人たるもの時間は守るのはルールだと思う。

特に会社で働いてる身となれば尚更だけどね。

 

今日の出来事です。

今日髪を切りにいきました。2時から予約していました。2時20分ぐらいに電話があって、次のお客さんを3時からの予約で取っていました。

まあ、僕からしたら3時までには終了するんだろうな?って思っていたし時計も気にしてなかった。恐らく3時になったのでお客さんがいらっしゃいました。

 

僕の方が焦って、

 

  • 次待ってるから適当で良いですよ。

 

って言ったら

 

  • 少しくらい待たせて大丈夫だから

 

え????

 

そうだね。そういう考えもありっちゃありなんだね。

でも、僕はやっぱり人の時間頂いてるんだから時間はそれなりにきっちりしたい。5分遅れても

 

遅れてすみません

 

ってお客さんもいるのも事実。本当どうしようもないときは、我慢して待って貰うことも無いとは言えないけどね。

 

そっか、これは自分としては守りたい観念だね(時間を守る)

でも、人がやってる事にあたふたしなくて良いよね。

 

今回の件でも、まるで僕が待たせてるかのような気持ちになって焦った。

逆に言うと、待ち時間が長い所は大嫌い。昔行ってた歯医者とか予約していってるのにいつも1時間ぐらい遅れるから変えたもんね。

 

「人を待たせてはいけない」

 

って事だね。スッゴイ思う。激しく同意(笑)

 

なぜ?

→待たされる人の気持を考えろ

待たされる人の気持は

→時間が来たのになんだ?時間も守れない人にろくな人はいない

 

おお!こんな事言ってるわ(笑)

時間を守れない人=ろくでもない人

な、構図なようです。

 

じゃあ、あなたは必ず時間は守れるの?

→必ずじゃないけど、極力努力はする。余裕をもって行動する。守れなかったら激しく自分を責める

 

ここで探ったら過去生ヒット

出てきたのが、

 

時間(期限)を守れなかったから大事な人を失った(殺された)

 

 

仲間が人質に取られた。指定された日までに、お金を用意できなければ、仲間さんは殺すよ。(ありがちな話だ)

 

簡単に集めれるお金じゃなかった。人に頭を下げながら必死でお金を集める方法を考えた。でも、集まれなかった。半分も集まらなかった。もう少しチャンスをくれとお願いしたが駄目だった。私の目の前で仲間を殺された。私はごめんごめんと謝ることしか出来なかった。自分の無力さを感じた。

 

今ならわかるね。そもそも仲間は私のことを恨んではいなかった。むしろ必死に頑張ってどうにかしようとしてくれた事に感謝していただけだった。自分の為にそこまで無理させてた事がわかったから、すんなり死も受け入れられた。

 

結局頑張っても頑張らなくて結果として殺されていた。

力がなかったから助けれなかったのではない。この出来事から学ぶことがあったからだ。

決められた時間の中で、切羽詰まってたから、今まで人に頭を下げたり土下座した事もなかったのにすんなり出来た。プライドも何も捨て去ることが出来た。やってみたら何てことはなかった。助けたい一心だったからこそ出来たことが沢山あった。

助けれなかった事で時間の大切さを学びました。その制限があるからこそ力を発揮出来ることを知りました。時間はたっぷりあると優雅にやってもいいけど、時間は無いと自分を追い込んでも良い。使い分ければ良い。それも生き方一つだった。