ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

過去生

勝手な妄想ごっこです。

 

ある神社に意識を合わせてみる

行ったこともないし、そんな神社が存在するとも知らなかった

 

でも泣けてきた

 

何かあると思った。過去生を思い出してみる。

まず思い浮かんだのがその神社が燃えている姿。

この時点で火事になった歴史がなかったらアウトね(笑)

でも続ける

 

どうやらその神社で働いていた神主っぽい。

いきなりの火事に慌てふためいている。いや僕は意外に冷静なのか

火事でも逃げない

その社と一緒に命を落とそうとしていた

 

なんでこんな事になってしまったのか?と悔やんでいる。

人為的な火事?なのか?

悔いはない感じ。もしかして自分が燃やした?

 

自分の思い描いていた神社の形と大きく変わっていた。

あるべき姿じゃないと思っていた。

もう変えようにも変えれるレベルじゃなかった。腐っていた。

すべて壊すしか方法がなかった。

これでまた新たな物が出来れば良い

 

そんな思いの中死んでいった。

 

そうか、僕自身変えるという選択を避けている。

自分の事なら変えれる。

人は変わらない。世の中のシステムは変わらない。

変えるよりは、すべて一回壊してしまった方が早い

 

そんな事思っています。

今なら、わかる。それも私が作っている現実だとわかる。

すべてを変えるなんて簡単じゃないけど、変えれる可能性があるわけだ。

そこは避けていた。仕方ないで逃げていた。

変える努力すらしなかった。してもすぐ諦めていた。

どうせ無理だからって思いながらやっても上手く行くわけない。

 

そう、変えれるんだ。

今生こそ変えて見せる。人を変えるんじゃなしに自分を変えることですべてが変わる。

すべてが私なんだから。変わらないのは自分の中に何かが残っているから。周りはすべて鏡、自分を映し出しているだけ。

いつも簡単に諦める。今度は諦めない方法をやってみようじゃん。

何も壊さなくても変えれる世界で楽しんで見る。