ともびより(知日和)

ともBのつぶやき

光と闇

光と闇

対比でよく使われる。

スピである話で、初めは光しかなかった。その光が光を認識する為には闇が必要だった。そして最も大切な仲間が闇をやる事を引き受けた。

みたいな話がある。

それは結局、光が主役で、闇は引き立て役。そう考えたら美しいけど、そうなのか?

この世は2元性というなら、光が生まれた瞬間、闇も同時に生まれている。

両方主役じゃねぇの?

 

ここ難しい問題。

非二元の世界にいけば、その辺り流せるんだけど、自分の中で突き詰めたい。

僕は、恐らく闇をこよなく愛している。もちろん光も愛しているけどね。

なんでみんな闇を消したがるんだろ?闇になるのを嫌がるんだろう?

どっちになんてなれない。どっちも持ってるとしか思えない。

だから、どっちも持ちながら生きていくしか無い。

もうキレイ事なんて散々だ。

そんな普段生きていく中で闇をぶちまけるわけじゃない。

そこは適切に行動して行く。ただ、内にもってるものが浮上してきても何も問題ない。

だから、闇に抵抗するわけでもない。

 

僕はもっと自分の中の闇を知りたい。今は光の部分より闇の部分を知りたい。

どれだけ押し込めてきたんだろう?とてつもないものがまだあるはずだ。

 

 

まとまってないしただの殴り書きです。